メニュー

学校情報

〒047-0002
北海道小樽市潮見台2丁目1-1
 北海道小樽潮陵高等学校
  TEL:0134-22-0754
  FAX:0134-22-5954
 

リンク

カウンタ

COUNTER228482

学校長挨拶 北海道小樽潮陵高等学校長 千葉 浩次

学校長


この度は、北海道小樽潮陵高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 本校は1902年(明治35年)北海道庁立小樽中学校として開校、その後1948年(昭和23年)に
北海道立小樽高等学校に、さらに1950年(昭和25年)に北海道立小樽潮陵高等学校に校名を変更
し、今年度で創立115年目を迎える歴史と伝統ある高等学校であります。
 開校以来これまで、地域の教育・文化の中心的な役割を担うとともに、多くの有為なる人材を輩
出してきております。本校の卒業生は、北海道内はもちろんのこと、全国、そして世界各地で多く
の方が活躍されております。
本校では開校以来「文武両道」・「自由と進取の精神の尊重」・「達成感とつながりの重視」という
校風が脈々と引き継がれており、高い学力と活発な部活動、内容の充実した行事など、教育活動全
てに意欲的で活気あふれる素晴らしい教育活動が実践されております。
全日制課程においては、地域の中心校・普通科進学校として生徒一人ひとりの進路希望に合った
きめ細かい学習指導と進路指導が行われております。特に北海道教育委員会から「地域医療を支え
る人づくりプロジェクト」の「医進類型指定校」の指定を受け、医学部系への進学希望者にも応え
る様々な教育活動も展開されております。
また、定時制課程においては、少人数という利点を活かし、個に応じたきめ細かい指導により、
基礎学力の定着と学ぶ意欲の向上、豊かな心の育成と健康な身体づくりを目指し、教育活動全般に、
生徒一人ひとりを丁寧にサポートしています。
 これからの子どもたちの生きて行く社会は、将来の予測が困難な、複雑で変化の激しい社会、グ
ローバル化が進展する社会を生き抜いていかなければなりません。また、少子高齢化も深刻で、地
方のさらなる過疎化も懸念されています。
本校の校風である「文武両道」・「自由と進取の精神の尊重」・「達成感とつながりの重視」はまさ
にこれからの時代を生きていくために必要な力であり、求められる力でもあります。
私たち教職員は、「社会の中で自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な人
間力」の育成を目指し、子供たちの「知・徳・体」それぞれの潜在能力を最大限引き出す教育を
実践して参ります。また「地域の学校」として、全日制・定時制共に北海道小樽潮陵高等学校の存
在意義をしっかりと認識した上で、地域住民の誇りとなり、生徒・保護者・地域のニーズに応える
「信頼される学校づくり」に全力で取り組んで参ります。  

                           北海道小樽潮陵高等学校長 千葉 浩次